蚊に刺されたら大変なことに

家庭菜園に出ると必ず蚊に刺される。蚊取り線香を持たずにいくと最低20箇所は刺される。服の上からでもどんどん刺される。ほんの10分なのに。刺された後は必ずシャワーをし、そしてキンカンをひたすらつける。何度も何度も痒みが弱まるまで、全身が寒くなるまでひたすらキンカンをつける。その日もいつものように蚊に刺され、いつものようにキンカンをつけた。けして掻かない。掻くと悪化するからだ。だが、その日は何かが違った。
とても痒かった。それでも掻くのは我慢した。しかし翌日、誘惑に負けて掻いてしまった。ポリポリと何度も掻いてしまったら、刺された所が水ぶくれになってしまった。水ぶくれはどんどん大きくなって、直径8ミリくらいのぷっくりとした半球体のようだった。まずい!! こんなの今まで生きてきて体験したことがない。翌日皮膚科に行ったらベタベタの石膏のようなものを貼られた。包帯で腕がグルグル巻きになった。一日2回、必ず取り替えてくださいね。痒み止めの薬も朝食後と就寝前に1錠ずつ必ず飲んでくださいね。眠くなりますから薬を飲んだら運転は控えてください。処方通りに薬を飲みベタベタを張り替え、5日たった今、やっと水ぶくれがなくなり痒みが弱まってきた。でもまだ痒い。痒みのない生活に一日でも早く戻りたい。もう二度とこんな体験はしたくないと心から思った。蚊取り線香は必ずつけよう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ